JetpackでSNSに投稿を自動公開しよう!

記事を公開した時に自動的にSNSにも公開してくれると便利ですよね。
プラグイン「Jetpack」を使うと、各ソーシャルメディアと連携が出来ます。

WordPressとSNSを連携させよう!

Facebookと連携

「Jetpack」→「設定」と進み、「パブリサイズ」の「設定」をクリックします。

Facebook-17

各SNSが表示されます。

Facebook横の「連携」をクリック。

Facebook-18

「Facebookにログイン」という画面が出るので、
メールアドレスとパスワードを入力して、「ログイン」をクリック。

Facebook-19

「投稿を誰とシェアしますか?」と聞かれるので、「公開」にして「OK」をクリック。

Facebook-20

「WordPressがFacebookページへの管理を求めています。」と聞かれます。
「許可するアクセスを選択」をクリック。

Facebook-0021

前回作ったFacebookページを選択し、「OK」をクリック。

Facebook-22

Facebook欄にページ名が表示されました。

Facebook-23

Twitterと連携させる

続いてtwitterと連携させます。
Twitter横の「連携」をクリック。

twitter-01

「WordPress.comにアカウントの利用を許可しますか?」という画面が出るので、
ユーザー名とパスワードを入力したら、「連携アプリを認証」をクリック。

twitter-02

連携できればTwitterの横にアカウント名が表示されます。

twitter-03

Google+と連携させる

お次はGoogle+です。
Google+横の「連携」をクリック。

google-01

メールアドレスを入力して「次へ」をクリック。

google-02

パスワードを入力して、これまた「次へ」。

google-03

「WordPressが次の許可をリクエストしています」という画面が出るので、
「許可」をクリック。

google-04

連携出来ればアカウント名が表示されます。

google-05

記事の公開をSNSに自動投稿する

各SNSとの連携は終わったので、次は記事を投稿する画面に移動しましょう。公開の上に「パブリサイズ共有という項目があります。そこにFacebookやTwitterなどのアカウントが表示されていると思います。これは自動公開する、という事です。

twitter-06

自動投稿するSNSを選びたい場合、「詳細を編集」をクリックしましょう。チェック欄とカスタムメッセージという欄が出てきます。各SNSのチェック欄にチェックを入れると、自動投稿されるようになります。自動投稿したくない場合、チェックを外しましょう。

twitter-05

カスタムメッセージはSNSに投稿される文章になります。
変更したいときはここに書き込んで下さい。

後は、WordPressで投稿すればFacebook、Twitter、Google+に自動的に投稿されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする