MusicBee!多機能すぎて困る!?万能音楽プレイヤー!

皆さんは作業中に音楽を聴きますか?
私は音楽を聴きながらブログを書いています。

今回は私が使用しているミュージックプレイヤー「MusicBee」を紹介したいと思います。

この「MusicBee」、フリーソフトなのですが、多彩な形式のファイルを再生出来るだけでなく、セキュアリッピング、アルバムアートや歌詞、タグの取得、Last.fmと同期など、非常に多機能、高機能なので、貴方のミュージックライフをサポートしてくれますよ!

MusicBeeで新しいミュージックライフを

MusicBeeの主な機能

・多彩な再生フォーマット(注1)
(MP3、AAC、M4A、MPC、OGG、FLAC、APE、Opus、TAK、WV、WMA、WAV、ALAC)
・WASAPI排他モード/ASIO対応
・スキンやプラグインなど、高いカスタマイズ性
・タグの取得と編集
・歌詞の取得
・アルバムアートワークの取得
・スマートプレイリスト作成
・CDデータ比較用データベースサービス”AccurateRip”連携してのセキュアリッピング
・CDへの書き込み
・ファイル形式のコンバート(注2)
・「Last.fm」との同期
・海外ラジオの視聴
・動作が軽い

などなど、多すぎて紹介しきれないです。
これが無料で使えるんだからスゴイとしか言えません。

(注1.ACCは別途デコーダのダウンロードが必要※無料)
(注2.MP3/AAC/OPUS/ALACは別途エンコーダが必要※無料)

MusicBee(v2.5)のインストール

まずは公式サイトのダウンロードページからダウンロードします。

コンピュータにインストールするインストーラー版と、USBメモリーなどに入れて持ち歩けるポータブル版があります。
今回はインストーラー版をダウンロードします。
「Latest Release Installer」にチェックをして、「START DOWNLOAD」をクリック。

musicbee-02

次の画面で、「DOWNLOAD」をクリックするとダウンロードが始まります。

musicbee-03

解凍して出てきたexeファイルをクリック。

musicbee-04

セットアップ画面が起動します。
「Next」をクリック。

musicbee-05

「I Agree」をクリック。

musicbee-06

インストール先を選択し、「Install」をクリック。

musicbee-07

「Finish」をクリックしてインストールを完了させます。
「Run MusicBee 2.5」にチェックが付いていれば、そのままMusicBeeが起動します。

MusicBeeを使ってみよう

MusicBeeの起動

MusicBeeを最初に起動させると、言語選択画面が出ます。
「日本語」を選んで「Next」をクリック。

musicbee-09

ファイルのスキャンをするか聞かれます。
すでに音楽ファイルがある場合、ここでスキャンしても大丈夫。
スキャンには少し時間がかかるので今回はキャンセル。

musicbee-10

MusicBeeの基本画面が出てきます。musicbee-011

ファイルの追加

音楽ファイルの追加方法は主に次の3通り。
1.「ファイル」→「ライブラリにファイルを追加」
2.「ファイル」→「フォルダをスキャン」
3.ドラッグ&ドロップ

1と2はこんな感じ

musicbee-12

試しにフォルダをスキャンしてみましょうか。
スキャンしたいフォルダにチェックを入れ、「OK」をクリック。

musicbee-13

スキャンの詳細設定画面が出ます。
ファイルの保存先に「ライブラリ」と「インボックス」がありますね。
「インボックス」は一時的なファイル置き場と考えておけばいいでしょう。
私はインボックスでタグの編集や歌詞取得などしています。
今回はインボックスにしました。

musicbee-14

スキャンが終了すると、音楽ファイルが追加されます。
インボックスの横にファイル数が表示されています。

musicbee-15

フォルダをスキャンする際、追加するファイルの種類を選択出来ます。
Flacのみ加えてMP3は除外、という事も可能です。
スキャンの詳細設定画面で「スキャンするファイルタイプを制限」→「フィルタ」と進んで加えたいファイル形式を選んで下さい。

musicbee-18

ドラッグ&ドロップも試してみましょう。

musicbee-016

ファイルが追加されました。

musicbee-17

AACを再生出来る様にする

MusicBeeは初期状態ではAACの再生は出来ません。
しかし、簡単に再生出来る様になります。

まずは公式サイトのHelpからMusicBee wikiへ移動します。

musicbee-36

bass_aac.zipをクリックしてダウンロード。

musicbee-37

ダウンロードしたzipを解凍するとbass_aac.dllがあります。

musicbee-38

これを「MusicBee.exe」があるフォルダに移動させて下さい。

musicbee-40

次の画面が出たら、「続行」をクリック。

musicbee-39

「bass_aac.dl」lが「MusicBee.exe」と同じフォルダ内に入ればAACの再生が出来ます。

再生してみよう

曲を再生してみましょう。
再生方法は

1.曲をダブルクリックする。
2.「Alt+Enter」を押す。
3.曲を右クリック→「今すぐ再生する」をクリック。の3通りの方法があります。

再生されると以下の画面になります。
右下に詳細情報が表示されます。

musicbee-21

詳細の横の「歌詞」をクリックすると、歌詞が表示されます。
歌詞が無い場合、自動的にweb上から探してきます。
今回は…見つかりませんでしたね。

musicbee-22

実はMusicBeeの歌詞検索機能は日本語には弱いのです。

しかし大丈夫。
有志が作ったプラグインを入れれば、日本のアーティストの楽曲でも歌詞取得が出来ます。

歌詞を取得するプラグインを入れる

プラグインのダウンロード

まずはMusicBee Plugins onedriveに行きましょう。
スカドラさんが作った色々なプラグインが並んでいます。

musicbee-23

簡単に紹介します。

・mb_AmazonArtworkPlugin
Amazonからアートワークを取得する
曲を右クリック→Amazonさんからアートワークを頂戴するをクリック。

・mb_SortOrderTagCreationPlugin
曲の読み仮名を自動でつけるプラグインです。

・mb_LyricsEditorPlugin
曲名、アーティスト名、アルバム名、歌詞を署名付きで編集出来ます。

ここからが歌詞の取得に関するプラグインになります。

・mb_JLyricLyricsPlugin
J-Lyric.netから歌詞を取得する

・mb_KashiTimeLyricsPlugin
歌詞タイムから歌詞を取得する

・mb_KGetLyricsPlugin
歌詞GETから歌詞を取得する

・mb_OriconLyricsPlugin
オリコンから歌詞を取得する

・mb_PetitLyricsPlugin
プチリリから歌詞を取得

・mb_KashiSearchPlugin
歌詞サーチから歌詞を取得する
歌詞サーチが2016年3月31日をもってサービス終了したので
これは不要です。

プラグインの利用方法

今回はmb_KGetLyricsPluginで説明します。
まずはプラグインをクリックして分かりやすいところに保存。

musicbee-025

「MusicBee」→「Plugins」と開きます。

musicbee-24

保存したプラグインをそこにドラッグ&ドロップ。

musicbee-26

次の画像が出たら、「続行」をクリック。

musicbee-27

プラグインが移動出来ました。

musicbee-28

プラグインの適用

そうしたら一度MusicBeeを閉じましょう。
その後再起動したら、「MusicBee」→「編集」→「設定」と進み、「タグ(2)」を選択し、「歌詞」の右端の「…」をクリック。

musicbee-29

「歌詞プロバイダ」が出てきます。
「歌詞GET」の優先順位を一番にしたいので、「歌詞GET」にチェックをしたら、右の↑アイコンを歌詞GETが一番上になるまでクリック。

musicbee-30

「歌詞GET」が一番上に来たら更新をクリック。

musicbee-31

歌詞の左端に「歌詞GET」が表示されます。
「再生中のトラックに…」と「プロンプトを表示せずに保存する」にチェック。
確認したら「適用」をクリック。

musicbee-0033

作詞/作曲者も取得出来るようにしましょう。
「設定」の「プラグイン」をクリックし、「ついでに作詞/作曲者情報も取得する」にチェックし「保存」をクリック。

musicbee-35

また、同じ曲を再生してみます。

musicbee-34

今度は歌詞が表示されました。

歌詞プラグインだけでなく、他のプラグインも同じ様に利用します。

MusicBeeは他にも様々な機能があるのですが、一度では紹介しきれないので、また違う記事で紹介したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする