iOSでもKeePassを使おう!MiniKeePass!

KeePassがあれば、パソコン上ではパスワード管理に困ることは無くなります。
しかし、パソコンの無い外でもパスワード入力が必要になることがありますよね。
そういう場合に便利なのがiOSのアプリ「MiniKeePass」です。
オンラインストレージを利用すれば、パソコンとパスワードを共有できます。

スポンサーリンク

パスワードを持ち歩く「MiniKeePass」

「MiniKeePass」のインストール

MiniKeePassならiOSで外でもパスワードを管理することが可能になります。
オンラインストレージにファイルを保存すれば、パソコンと同期することもできます。

まずはApp Storeの「検索」で「minikeepass」と検索しましょう。
出てくる「minikeepass-secure password manager」をクリックします。

検索して出てくる「minikeepass」をクリック。

アプリ名の右の「入手」→「インストール」からアプリをダウンロード。
(私は一度インストールしているので雲のアイコンでした)

右のインストールをクリックしてインストール

アプリを開くと白い画面が出てくると思います。
右下の「+」アイコンをクリックすると、新規ファイルの作成画面に移ります。

miiKeePassの初期画面。+をクリックすると新規作成

オンラインストレージでファイルを利用する

パソコンと同じファイルを使う場合、オンラインストレージを使いましょう。
今回はDropboxを使用しています。

共有するファイルは、下の記事で作成したデータベースです。

KeePassの基本的な使い方
KeePassの使い方を説明します。 これを読めば新規エントリーの登録の仕方と、パスワード入力、マスターキーの変更まで一通り出来ます。 ...

key.ファイルとkdbx.ファイルをDorpboxに移動させておきます。
まずはkey.ファイルをMiniKeePassで使用できるようにします。

Dropbox上でkey.ファイルをタップして下さい。

Dropbox上でkey.ファイルをタップ

灰色の画面が出ました。
このままでは使えないので、右上の四角から↑が出ているアイコンをタップします。

右上のアイコンをタップ

下から出てくるアイコンの中から、「別のアプリで開く」をタップします。

「別のアプリで開く」をタップ

アイコンの中から「MiniKeePassにコピー」をタップします。

「MiniKeePassにコピー」をタップ

key.ファイルがコピーされました。

MIniKeePassにキーファイルがコピーされた

次に、iOS側からDropboxのkdbxファイルをタップします。

iOS側からDropboxのkdbxファイルをタップ

「プレビューできません」の表示が出ました。
ここでまた右上の四角のアイコンをタップします。

「プレビューできません」と表示されます。右上のアイコンをクリックします

下から出てくるアイコンの中から、「別のアプリで開く」を選んでタップします。

「別のアプリで開く」をタップ

出てくるアイコンの中から、「MiniKeePassを選びコピー」をタップします。

「MiniKeePassにコピー」をタップ

MiniKeePassにデータベースとキーファイルがコピーされました
kdbxファイルをタップしてみましょう。

keyファイルとkdbxファイルがコピーされた

パスワード入力画面が出てくるので、パスワードを入力して、keyファイルを選び、完了をタップします。

パスワードを入力、keyファイルを選択、完了をタップ

MiniKeePassの画面が出てきました。

MiniKeePassの基本画面

MiniKeePassの使い方

新しいエントリーの作成

新しいエントリーを作りたいときには、右下の「+」をタップします。

+アイコンをタップ

「エントリー」をタップします。

エントリーをタップ

各項目を入力しましょう。
パスワードの自動生成を行いたい場合、パスワードの横のレンチのアイコンをタップしましょう。

パスワード自動生成にはレンチのアイコンをタップ

パスワードジェネレーターが出てきます。
文字数を変更したい場合、Lengthの横の数字をタップ。
記号を使いたいなら、Character Setsの横の→をタップ。
パスワードの再生成をしたいなら、丸い矢印をタップしましょう。

Lengthで文字数、Character Setsで記号を使うかどうか、丸い矢印でパスワードの再生成

エントリーを生成した後は、忘れずにファイルを上書きしましょう。
エントリーの下の、四角に↑のアイコンをタップします。

真ん中のアイコンをタップ

出てきたアイコンの中で「Dropboxにコピー」をタップ。

Dropboxにコピーをタップ

右上の保存をタップします。

保存をタップ

「ファイル名.kdbx」に置き換えますか?と聞かれるので、置き換えるをタップ。

「置き換える」をタップ

これで上書きは完了です。

パスワードの入力

ユーザー名やパスワードを入力したい場合、タップするだけでクリップボードにコピーされます。後はペーストするだけです。

ユーザー名やパスワードをタップするとコピーされます

更にパスワードを安全に使う

今回は説明し易いようにDropbox上にkeyファイルとkdbxファイルをアップしましたが、これでは万が一Dropboxからデータが流出した時、簡単にキーファイルが特定出来てしまいます。
そこで、keyファイルは別のオンラインストレージ、例えばGoogleドライブにアップしてそこから利用するようにすればかなり安全になるのではないでしょうか。

パスワードを利用する場面は非常に多いです。
皆さんも「MiniKeePass」を使って賢くパスワード管理してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする