無料で使えるパスワード管理ソフト「KeePass」!

WordPressでサイトを作ろうとすると、大量のIDとパスワードが必要になります。
サーバー、メールアドレス、WordPress・・・
多すぎて覚えきれないし、メモに残しても探すのが大変・・・
そんな悩みを一気に解決するパスワード管理ソフト 「KeePass」を紹介します!

スポンサーリンク

パスワード管理ソフトとは

 パスワード管理の重要性

今はパスワード社会、どのサイトでもIDとパスワードの登録が求められます。
中には同じパスワードを使いまわしている人もいるのではないでしょうか。
しかし、パスワードの使いまわしは非常に危険です。
一つ分かれば多くのサイトに侵入出来ることになるからです。
特にAmazonなどのクレジットカードの情報を登録しているサイトは、必ず別のパスワードを使いたいもの。

「でも、そんなに多くのパスワード手に負えない…」

そんな悩みを解決するのがパスワード管理ソフトです!

 効率化のためのパスワード管理ソフト

パスワード管理ソフトは、その名の通りパスワードを一元管理するソフト。
ソフトにIDとパスワードを登録しておけば、たった一つのマスターパスワードさえ覚えていればよくなります。

手軽ですね。

もうパスワードが思い出せず悩んだり、パスワードを書いたメモを探したりすることは無くなります。

パスワード管理ソフト“KeePass”

 KeePassとは

パスワード管理ソフトは有料のものが多い中、KeePassは完全無料のフリーソフトです。

パスワードの登録だけでなく、パスワードの自動生成、サイトへの自動ログイン機能まで付いています。

クラウド上にデータベースを保管すれば、スマートフォンからもパスワードを見る事が出来ます。

 KeePassのダウンロードからインストールまで

まずはKeePassをダウンロードします。

KeePassダウンロードページ

KeePassのダウンロード画面

ダウンロードしたファイルを開くと、使用言語を聞かれます。
初期設定では日本語がないので(後から日本語化します)、Englishを選択します。

KeePass言語選択

ライセンス確認には、I accept the agreementを選択。

ライセンス同意文書

機能を追加するか聞かれます。

KeePass機能構成

Full instllationで問題ないですが、

Help Manual:オフラインヘルプ
Native Support Library:KeePassバージョン 1.x 用のファイル(kdb)を
               インポート/エクスポートする
XSL Stylesheets for KDBX XML Files:データベースをXSLシート形式で
                        エクスポート
Optimize KeePass Performance:KeePassが早くなる。
Optimize KeePass On-Demand Start-Up Performance:同上。
これに関してはwindows vista以降は効果が薄いそうです…

kdbx拡張子との関連付けとショートカットの作成について聞かれます。

関連付けとショートカット作成

関連付けにチェックを。
ショートカットはお好みで。

確認画面が出るのでInstallをクリック。

インストール画面

これでKeePassがインストールされました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする