Bitnami導入法!サーバーを借りずにWordPressを動かそう!

WordPressの欠点の一つにサーバー上でしか動かせないことがあります。
テーマをカスタマイズしたり、自作するのにレンタルサーバーのWordPressを使っていては、
何か一つ失敗しただけでブログが真っ白!なんて事もあり得ます。
また、WordPressを触ってみたいけど、サーバーを借りるのはちょっと…という人もいるかと思います。

そんな時に役に立つのが「Bitnami」です!

BitnamiがあればPC上でWordPressをカスタマイズすることが可能です。
そんなBitnamiをインストールから日本語化までを解説していきます。

ローカルでWordPressをカスタマイズしよう!

WordPressをカスタマイズするには、通常はサーバーを借りてインストールしてテーマやプラグインを入れてカスタマイズしていきます。

しかし、カスタマイズ途中では表示が崩れた状態もweb上に晒すことになります。

そこでローカル環境でWordPressを運用することで、人目に触れることなく作業出来るので好きなだけWordPressをいじり倒すことが出来ます。

カスタマイズ専用WordPressを作ってしまえる訳です。

Bitnamiインストール

 簡単インストール

インストールは全て英語ですが、指示に従っていけば簡単に出来ます。

WordPressダウンロードページ

この右側、「LOCAL INSTALL」の下にインストーラーがあります。

bitnami-03

ファイルが二つありますが、下はサブドメイン形式で一つのBitnamiで複数のサイトを作ることが出来ます。
しかし、ポート番号「80」がすでに使われていると、インストールが出来ません。
その場合は上の、一つのサイトを作るタイプをダウンロードして下さい。
少し手順は面倒ですが、上のタイプでも複数サイトを構築することは可能です。

Bitnami上で複数のサイトを構築する手順

ダウンロードしたインストーラーを起動してインストールします。
ウィルス対策ソフトが動いているとインストールの邪魔になることがあるようなので、インストールの際は無効化しておきましょう。

基本的には初期設定のまま進めます。
少しすると、名前入力欄が出てきます。

bitnami-11

名前とメールアドレスは適当でOK。
「Login」はログインIDになります。
ログインIDとパスワードはログインに必要なので記録しておいて下さい。

bitnami-12

ポート番号入力画面です。
初期状態では「80」ですが、すでに使われている場合、別の番号を使います。
今回は「81」にしました。

bitnami-15

メールサポートはチェックしなくて大丈夫。

bitnami-16

クラウドも未チェックで進めます。

そのまま進めるとインストールが始まります。

bitnami-18

インストールは5分ほど時間がかかるので、ゆっくり待ちましょう。

 インストール終了と起動

インストールが終わると次の画面が出てきます。

bitnami-19

このまま「Finish」を押せばBitnamiが起動します。

コントロール画面がこちら。

bitnami-020

同時にブラウザにスタート画面が表示されます。
表示されない場合はコントロール画面の「Go to Application」をクリック。

スタート画面です。

bitnami-021

「Access WordPress」をクリックすると

bitnami-023

超シンプルな初期画面が出ました。
きちんと起動出来たようです。

日本語化の手順

右下に「Log in」があるはずなので、そこからログインしてみましょう。

bitnami-0022

先ほどのユーザーIDとパスワードを入力します。
ダッシュボードが表示されますが、全て英語表記です。

bitnami-20

ダッシュボードの左側の「Settings」→「General」と進み、
一番下の「Site Language」から日本語を選べば問題無く日本語になるのですが、
BitnamiからダウンロードしたWordPressが本物と同じものか分かりません。

そこで、公式のWordPress日本語版をダウンロードして、中身をそっくり入れ替えてしまうことにします。

WordPress日本語ローカルサイトから、WordPress日本語版をダウンロードします。

bitnami-024

ダウンロードしたら、解凍。

今度はBitnamiの変更です。
コントロールパネルから「Open Application Folder」をクリック。

bitnami-025

「apps」→「wordpress」→「htdocs」と進みます。
ずらっとファイルが並んでいますが、「wp-config.php」というファイルを残して全て削除します。

bitnami-26

これを

bitnami-27

こう。

そして、先ほど解凍した日本語版WordPressの中身を全てこのフォルダ内に移動させます。

日本語になっているか確かめましょう。
コントロールパネルから「Go to Application」を選択します。

bitnami-026

…変化が小さくて分かりづらいですが、日本語化に成功しています。
ログインしてみると

bitnami-24

きちんと日本語になっていますね。

これでBitnamiの導入は完了です。
お疲れ様でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする